ニキビなんて大っ嫌い!!

どうしたら治る!?あごニキビの原因と対策

何度もなりやすいあごニキビ、もしかしたら癖になっているのかもしれません。
特に、あごは他の部分と違ってターンオーバーが遅いため、治りも遅く、ニキビ跡が残りやすい箇所なのです。また、思春期の男性の場合だと炎症が強いニキビになりやすいので注意が必要です。

 

そこで、今回はあごニキビの原因とその対策についてご紹介します。

 

 

あごニキビができる原因

大きな原因はホルモンバランスの乱れによるものです。ホルモンバランスは睡眠不足やストレスによって乱れてしまいます。血流が悪くなり、アクネ菌がエサとする皮脂も過剰に分泌されてしまいます。
また、睡眠不足によって交感神経が活発に働き、男性ホルモンを分泌するようになります。この男性ホルモンの分泌と連動して皮脂の過剰分泌につながってしまいます。
加えて、男性は髭を剃ることが多いのでカミソリによって必要な角質が剥がされてしまい、肌に炎症が起こりやすくなります。

 

あごニキビを防ぐ対策

 

きちんとしたスキンケアを

あご、フェイスラインに洗い残しの無いようにきちんとすすぎ、肌が乾燥してしまう前に化粧水、乳液をつけて保湿をしましょう。保湿を行うことで皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。

 

なるべく触らないように

手には目に見えない雑菌がたくさん付いています。頬杖をついたりすると手についていた雑菌があごへ移ってしまい、ニキビの原因となってしまいます。なので、なるべく触らず、刺激を与えないようにしましょう。

 

しっかり睡眠をとる

肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時〜夜中2時の間に眠ることで、新しい皮膚の細胞が作られます。これによって肌が作り変えられるのでニキビを治していくだけでなく、ニキビ予防にもなります。

 

髭剃りのときに注意を払って

髭を剃る前に、毛を柔らかくしてシェービングフォームをつけてから剃りましょう。そうすることで、肌の負担を軽減できるだけでなく、炎症を起こすことを防いでいくことができます。

 

 

以上のように、あごニキビの原因と対策をご紹介しました。
今あるニキビを治しながら、これからのニキビがなりにくい肌を作っていきましょう。